ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

相談事例:「バリアブルライフ」か「ユニット・リンク」の積立で悩んでいたところ、こちらを拝見しました(40歳 女性 独身)

公開日: : 最終更新日:2015/12/09 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

 

【質問】

老後資金を貯めるために、ソニー生命かアクサ生命の積立で悩んでいたところ、こちらを拝見しました。

現時点で積立できるのは月2万円ぐらいですが、おすすめのところはありますか?

宜しくお願い致します。

 

【回答】

恐らく検討されている商品はソニー生命の変額保険「バリアブルライフ」とアクサ生命の「ユニット・リンク」という商品ではないでしょうか?
もし、お金を毎月積立て、殖やしていくことが目的であれば、死亡保障のコストが差引かれずに運用(貯蓄)される海外積立年金をオススメします。
その理由などはこちらのブログを参考にして下さい。

*8月からファンド規制・ソニー生命の変額終身保険「バリアブルライフ」

*アクサ生命の変額保険「ユニット・リンク」は投資商品?

 
海外積立年金のひとつは、毎月決まった金額を積立ていき、積立金額に応じて最低でも1~5%の金利が毎年つくもの。こちらは、投資先が日本の積立商品よりも良いので、毎年殖やしていけるようなポートフォリオを設定することができます

*「分散投資」と「ポートフォリオ」

 

現在ご案内しているポートフォリオでは、年約8%前後での運用成績となっています。◯◯さんのご年齢から複利で運用されると非常に有利だと思います。

*違い知ってますか?「単利」「複利」とは?

 
海外積立年金のもうひとつは、毎月決まった金額を積立ていきながら、15年後には元本の140%を保証してもらえる積立年金です。
同時にS&P500にも投資ができるため、S&P500(米国株インデックス)が+40%以上のリターンを出せば、そちらをもらえることになります。
 
また、毎月米ドルで積立てていきますので、日本円に対する不安の解消にもなりますね。

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

 
◯◯さんは月々いくらくらいを貯蓄にまわすことができますか?
そちらをいただければ、それを元にこちらでシミュレーション致します。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:老後の貯蓄について『円建』ばかりなので「どれをやめ、誰に回せばよいか」悩んでます(42歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:将来、老後の資金を貯めたい(24歳 女性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:一番の不安は、国内資産だけで老後生活をまかなえるかということです(男性 61歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:無料相談の会社のプランナーさんに医療保険「メディカルキットNEO」、年金保険「こだわり個人年金」を勧められています(女性 46歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:クレジットカードを持っていませんが「海外積立年金」を始められますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:利率が高い物をさがしてます。定年後、毎月60万は欲しいです(37歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:明治安田生命「ベストスタイル」/かんぽ生命「ながいきくん」 保険の見直しを検討(夫42歳/妻35歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:プルデンシャルの担当者に『社会人としてありえない、解約にサインがいるから会って謝れ』と言われた

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:新社会人の息子の保険、どんな保険に入ればよいか探しています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:みずほ銀行で勧められた「第一フロンティア生命 600万一時払い豪ドル死亡保険」について教えて下さい。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑