ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

相談事例:ジブラルタ生命の保険に加入中・見直しを検討(男性 独身)

公開日: : 最終更新日:2015/11/13 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

ある職業の方で、団体の保障(保険)が充実しているので、それを有効活用されているのは非常に良いことです。

 

【質問】

現在加入中の保険

・ジブラルタ生命 ユース◯◯保険

・ジブラルタ生命 新◯◯終身保険

・ジブラルタ生命 新入院保険  

 

保険に加入した理由

もしもの時に母親に少しでも何か残せればと思ってです。終身保険については老後の資金として。◯◯保険については、◯◯の非正規職員というのもあったので、この機会に入っておけば、安い掛け金で万一の対応ができると考えたため。

喫煙の有無:非喫煙者

健康状態:非常に健康

 

その他、人生においてどのようなことを目標としているか、何が不安か、など

目標については具体的なところはあまり決めていませんが、お金と健康とワークライフバランスで悩まないようにしたいところです。

地元を拠点に、仕事や趣味にのめりこむ生活ができればと思っています。

そういう生活のためにはお金に困らないようにすることがまずは必要だと思うのですが、日本経済の先行き、情報の少なさ、それから自分自身のお金に対する知識やアンテナ、危機意識の弱さが一番の不安です。いろんな経済関連のニュースや情報に触れた時にいろんなことが読み取れるような勉強をしていきたいところです。

そういう知識の少ない状態で、周りの投資家に勧められながら、少しずつ不動産投資や投資信託をやっている状態です。

現在利用している保険の保障内容についてはどういった考え方で選んでいけばいいかわからない状態ですのでアドバイスいただければ幸いです。

現時点では死亡時に誰かにお金を残すことも大事ですが、入院保障や貯蓄型など、生きている自分に役に立つようにする方を優先した方がいいのかなと思うところです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

【回答】

保険に加入した理由:もしもの時に母親に少しでも何か残せればと思ってです。

◯◯さんのお母様に対する心情はわかるのですが、保険加入の観点からは少し間違っている可能性があります。

生命保険の死亡保障というのは、万が一があった場合「誰が、金銭的にどれくらいリスクがあるか?」平たく言えば「誰がどれだけ金銭的に困るのか?」で、加入するべきものです。

お母様が金銭的に◯◯さんに依存している。つまり、「◯◯さんに食べさてもらっている」ような状態であれば、保険に入る意味はあるかと思いますが、お母様が金銭的に困らないのであれば、今のところ◯◯さんが生命保険に加入する必要はありません。

 

終身保険については老後の資金として。

”保険”はあくまでも”保険”であってそれ以外の何物でもありません。”保険”という機能に一部、”運用”という機能が付いているだけで、支払う保険料には”死亡保障”のためのコストが掛かっています。死亡保障のコストを差引き、その残りが運用にまわっているわけです。

老後資金として「お金を殖やす」という目的であれば余計なコストはなるべく取られすに、貯蓄や運用にまわした方が良いのは明らかです。

ましてや、生命保険会社は現在、史上最低の固定利率(予定利率)ですから、終身保険のような保険を”貯蓄目的”で加入するのは避けるべきです。インフレともなれば、このような保険は実質殖えていないのと同じことになります。

*インフレ対応していなければ、あなたの保険は吹き飛びます

 

◯◯保険については、◯◯の非正規職員というのもあったので、この機会に入っておけば、安い掛け金で万一の対応ができると考えたため。

確かに団体割引で、一般に入るよりはお得ですが、そもそも必要な保障でなければ、それは”お得”ではなく”ムダ”になってしまいますね。

必要な保障に必要な金額で加入しましょう。

*「万が一の必要保障額」ってどれくらい?

*「老後」について~その3【老後の必要保障額の考え方】

 

現在利用している保険の保障内容についてはどういった考え方で選んでいけばいいかわからない状態ですのでアドバイスいただければ幸いです。現時点では死亡時に誰かにお金を残すことも大事ですが、入院保障や貯蓄型など、生きている自分に役に立つようにする方を優先した方がいいのかなと思うところです。

現在、独身でいらっしゃることを考えれば死亡保障についてはそれほど必要ではないと思います。

お母様に少しでも遺されたいというのであれば、終身保険は「解約」または「払済」にし、現在加入されている◯◯保険(保険金額1,500万円)を続けられると良いでしょう。

*保険の見直しはいろいろあります「解約」「減額」「払済」「延長定期」「コンバージョン」

 

医療保険に関しては(今のところですが)日本は高額療養費制度という社会保障制度もありますし、預貯金500万円をお持ちとのことですから、あまり必要はないと思います。団体へお勤めの方向けに福利厚生などが充実している場合もあるかもしれないので、そちらも確認してみて下さい。

*医療保険って必要?「高額療養費制度」とは

 

それをふまえて尚、医療保険が必要と考えるのであれば、加入中の医療保険を続けられるか、保障内容次第では、10月2日にリニューアルされたオリックス生命 医療保険「新・CURE」もバランスが良いものだと思います。

*10月2日リニューアル~オリックス生命 医療保険「新・CURE」

 

いずれにしましても、日本は現在、円安&インフレ(物価が上がってお金の価値が下がること)方向へシフトしよう(させよう?)としていますから、このような状況では金利のつかない日本円で持つことは、資産が目減りしていることになります。

1,000兆円を超える負債を考えれば「預金封鎖」や「デノミ」の不安もないとは言えません。わずか70年ほど前の昭和21年に、現実として日本はこのような政策を行った”実績”があります。預金封鎖やデノミを行うか行うかは誰にもわかりませんが、「預金封鎖しない」こと「安心である」こと、これはまた別の問題です。

*「預金封鎖」と「デノミネーション」

 

ですから、500万円の預貯金の一部に関しては金利のつくもので殖やしていくのが良いでしょう。元本確保・5年預け入れの金利3.0%の商品などもオススメです。

*元本確保・固定金利3.0%の商品

 

老後資金に関しては、15年後に最低でも返戻率が140%が保証され、その上で米国のインフレに対応して、それ以上に受取ることができるものや、積立る金額に応じて毎年1~5%の金利が必ずもらえますような商品がありますので、そちらをオススメします。◯◯さんが実際にどのくらいの金額で積立てるご予定か?またはどれくらいの金額(老後資金)を目標に積立てたいのか、などをお聞かせ頂ければより具体的にご案内します。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:「未来を楽しむ終身保険」これほどうまくいっているなら、多くの方がこの商品に注目されるのではないかと疑問に思い質問させて頂きました

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思いま

記事を読む

相談事例:メットライフ「外貨建変額養老保険」と「ドルスマート(10年払込)」を勧められた方のその後(47歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:親戚にアフラックの代理店やっている人がいるのですが、がん保険の切り替えを勧めて来ます(40歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:わずかばかりの利息のために固定利率の学資保険を掛けるってリスクが高くないですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:52歳から個人年金に入りたい!お薦めの個人年金はどこ?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:マニュライフ生命「こだわり個人年金保険」アクサ生命「ユニット・リンク」メットライフ生命「USドル建終身保険」で迷っています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:学資保険代わりの「低解約金返戻金型終身保険」貨幣価値の変化等を考えるとどうなの?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

記事を読む

相談事例:大同生命からソニー生命「総合医療保険」を検討しています(43歳 会社員 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:子供の教育費、夫の介護、自分の老後にも充てられるような資金を増やしたい(30歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:障害を持つ息子が将来困らないように「リタイアメントインカム 」を考えています(50代 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑