K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:個人年金に入りたいのですが、保険会社が潰れるとどうなりますか?

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

 

【質問】

個人年金に関して詳しい方回答ください!

終身型個人年金ですが、景気が悪くなり保険会社が倒産したらどうなりますか?

バブル崩壊時に沢山生命保険の倒産が相次ぎましたね。

終身型個人年金に入りたいのですが、保険会社が潰れるとどうなりますか?

保険会社の終身プランが無くなり、他のプランとかに変えられるのですか?それとも保険会社が潰れても、契約通り終身年金を受け取れますか?

 

【回答】

これまでに日本の生命保険会社は8社倒産(正確には破たんと言います)していますが、破たん処理は2種類のケースがあります。ひとつは生命保険契約者保護機構による破たん処理と、もうひとつは更生特例法の適用によるものです。

Bankruptcy

難しい説明はここでは省略し、ザックリ簡単に説明すると、生命保険契約者保護機構による破たん処理というのは保険会社の経営が苦しくなり、金融庁の業務停止命令によって破たんした場合に「生命保険契約者保護機構」という組織がセーフティネットとなって契約者を保護する仕組みです。

この保護機構には国内で営業しているすべての生命保険会社が加入していて、これによって補償されるのは、その時点の責任準備金(おおよそ解約返戻金相当額)の90%までなので、契約時の保険金や年金額は最大10%削減される可能性があります。

*日本では8社の生命保険会社が破綻「責任準備金」と「生命保険契約者保護機構」とは?

 

一方、更生特例法は保険会社が資金繰りに行き詰まった時に自主的にギブアップする制度です。自ら裁判所へ申請し、受理されれば破たん処理へと移るため更生特例法の適用の場合は保護機構ではなく、裁判所が業務を引き継ぐ会社を探し、更生手続きをします。千代田生命、協栄生命、東京生命、大和生命がこれに当たりました。

更生特例法は、金融庁の業務停止命令を受ける前に自らがギブアップするため、債務悪化が大きくならないうちに再建が可能です。実際、東京生命の破たんの際は削減されることなく次の保険会社に契約が引き継がれました。 なお、更生特例法適用の場合でも、破たんした保険会社は生命保険契約者保護機構に加入しているため、責任準備金のカットが10%を超えることはありません。

 

ただし、責任準備金が削減される以外にも、破たんした保険会社から契約を引き継いだ次の保険会社が、利回り(正確には予定利率と言います)を引き下げた場合は保険金減額の適用があります。これは生命保険契約者保護機構による破たん処理と更生特例法の、どちらが適用されても同様で、この二重の削減により、契約した保険金額は保険種類と加入時期によって10%以上に”大幅に”減る可能性があります。

大和生命の場合、会社特例法の適用を受けましたが、契約者が加入していた保険のうち、最大で約75%の削減となり、加入者が多かった養老保険では最大で約40%の削減となりました。削減の多い種類は、個人年金や養老保険、学資保険といった貯蓄型の保険で、特に予定利率の高い1990年前半までに加入した保険は大きく削減されることとなります。

 

倒産におけるリスクもありますが、それらに加え、今販売している保険会社の予定利率は史上最低のもので、こうした低金利の時に長期の貯蓄性商品の契約をするのは得策ではありません。

日本は現在、円安&インフレ(物価が上がってお金の価値が下がること)方向へシフトしようとしていますから、このような状況で金利のつかない日本円で持っておくだけで、資産が目減りしていることになります。年金を受け取る頃には実質的に殖えていないどころか、減ってしまっている状態になります。仮にインフレ率を2%だとすると、20年後に約30%、30年後には45%以上、殖えていなければ実質、元本割れです。

*インフレ対応していなければ、あなたの保険は吹き飛びます

 

ですから、これからはインフレリスクに対応し、外貨を商品を含めて選ぶことが必要です。

海外の保険会社の個人年金の中には、15年後の返戻率140%を最低保証しながら、インフレにともなってそれ以上に受取ることができる商品もありますし、積立る金額に応じて、毎年1~5%の金利が必ずもらえるような商品もあります。万が一、保険会社が倒産した場合による処理の仕組みも、日本の保険会社と違う方法で保護されていて、より安心できるものとなっています。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:契約予定の4商品、お勧め出来ない商品がありましたら助言いただきたく存じます(48歳 女性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:口座開設から保険加入までお手伝いいただく場合、費用はどう考えればいいですか(73歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:プルデンシャルの担当者に『社会人としてありえない、解約にサインがいるから会って謝れ』と言われた

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:第一生命の保険に加入して3年です。

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 【質問】 第一生命の保険につ

記事を読む

相談事例:独身ですので大きい保障はいらないとは思っていますが、貯金も少なくいざという時の備えが必要と感じています(42歳 女性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:郵便局の保険で新フリープランに加入しました。10年払っていれば確実に得をするものなのでしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:ソニー生命の変額保険は販売停止になったのでしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:現在加入中のアフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」の見直しを考えています(女性 30歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:第一生命保険に加入しているのですが、払込期間満了後に解約金はでますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:マイナンバー制度は預金封鎖の布石ですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑