ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

相談事例:子供に何も保険を掛けていないのでプルデンシャルの終身保険に入ろうかと思っています

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

 

【質問】

プルデンシャル生命保険について教えて下さい。

私には子供2人がいます。

長男17歳(高校3年生)

次男15歳(高校1年生)です。

子供に何も保険を掛けていないので亡くなった時に1000万円出る終身保険に入ろうかと思っています。

入った場合、病気で亡くなったら保険金が出るのは分かりますが、万が一自死した場合も全額出るのでしょうか?

縁起でもない話だとは充分承知ですが色々知りたいです。

保険に詳しいお方教えて下さいませ。

・補足

ちなみに、次男は今月9月から不登校でして、1年半前の中3の時も4月~8月まで不登校で、子供の健康保険証を使って思春期外来に私だけが相談に乗って頂いた経緯があります。そういう場合次男は保険自体に入れないのでしょうか

 

【回答】

自殺に関しては告知義務違反や犯罪(保険金目当ての殺人とかドラッグですね)ではない限り、契約から1年~3年を経過していれば、ほとんどの保険会社で保険金は支払われます。

よかったら参考にして下さい。

*「免責期間」とは?

*「告知義務」「解除」「不告知教唆」とは?

それはもとより、ご相談者さんの保険加入の目的が、そもそも間違っています。

プルデンシャルの方にはどう言われましたか?

生命保険の死亡保障というのは、万が一があった場合「誰が、金銭的にどれくらいリスクがあるか?」平たく言えば「誰がどれだけ金銭的に困るのか?」で、加入するべきものです。

ご相談者さんが金銭的にお子さんに依存している、つまり、お子さんに食べさてもらっているような状態であれば、お子さんに保険を掛ける意味はあるかと思います。

しかし、お子さんが亡くなって、ご相談者さんが金銭的に困らないのであれば、今のところお子さんに生命保険を掛ける必要はありません。

詳しく書いていますのでこちらもご参考まで

*生命保険が不必要な人

 

終身保険を検討されていたとのことですから

「何もなければご自身の貯金も兼ねて」

などと言うセールストークが、もしあったのであれば、それは間違えでは無いにしても正解ではありません。

”保険”はあくまでも”保険”であってそれ以外の何物でもありません。”保険”という機能に一部、”運用”という機能が付いているだけで、支払う保険料には”死亡保障”、ここでは1,000万円の死亡保障のためのコストが掛かっています。死亡保障のコストを差引き、その残りが運用にまわっているわけです。

「お金を殖やす」という目的だけであれば余計なコストはなるべく取られすに、貯蓄や運用にまわした方が良いのは明らかです。

ましてや、生命保険会社は現在、史上最低の固定利率(予定利率)ですから、終身保険のような保険を”貯蓄目的”で加入するのは避けるべきです。インフレともなれば、このような保険は実質殖えていないのと同じことになります。

*インフレ対応していなければ、あなたの保険は吹き飛びます

 

生命保険自体を否定するものではありません。

出来る限りムダな保険には加入せず、「必要な保険」に「必要な保障額」で加入することをオススメします。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:メットライフ生命「ドルスマート」外貨というのが身近に感じられず、契約を悩んでいます。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:将来への不安や銀行の勧めで保険に入っていますが・・・(61歳 女性 夫死別)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:死亡、医療、三大疾病、介護、就業不能の保険を検討中(41歳 男性 独身)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:52歳から個人年金に入りたい!お薦めの個人年金はどこ?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:子供を授かったことで保険について検討、複数の保険を取扱っている代理店に資料請求しました(女性 36歳 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:住友生命「たのしみワンダフル」という個人年金保険を薦められています(男性 18歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:本年子供が産まれまして、保険など資産全体の運用の見直しをしています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:明治安田生命「ベストスタイル」/かんぽ生命「ながいきくん」 保険の見直しを検討(夫42歳/妻35歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:生命保険って必要でしょうか?(30代主婦)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:銀行で「リタイアメント・インカム」を勧められましたが「海外積立年金」を知り興味を持ちました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑