K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

9月1日販売開始〜アクサ生命「外貨建変額終身保険 アップサイドプラス」

公開日: : 最終更新日:2017/05/23 保険のニュース, 保険商品

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日はアクサ生命から2015年9月1日に販売開始された「外貨建変額終身保険 アップサイドプラス」について解説したいと思います。

 

正式名称は利率変動型定額部分付変額終身保険(通貨選択型)というようです。

9月1日から北海道銀行、北都銀行、新生銀行、富山銀行、但馬銀行、 鳥取銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、大分銀行、宮崎銀行などで販売開始されています。窓販ってやつですね。あわせて、代理店などからも販売しています。

さて、この「アップサイドプラス」の概略ですが、契約時に運用通貨を2種類の外貨(米ドル・豪ドル)から選択し、運用期間満了時に、一時払保険料の100%(または 110%)を外貨建で最低保証する「定額部分」と、リスクをとりながら運用によって”殖やす”ことを目指す「変額部分」により、積立金を運用していく外貨建一時払変額終身保険です。また、解約返戻金(パンフレットでは払いもどし金と言っています)が契約時に定めた目標値に到達した場合は、その時点で終身保険に移行し、早期に運用成果を確保します。最低一時払保険料は米ドル、豪ドルともに20,000ドルで、円の場合は200万円となります。

 

では、少し詳しく解説していきます。

通常の変額終身保険であれば、死亡保険金額は一時払い保険料が最低保証されますが、解約返戻金運用次第で一時払い保険料を下回る、つまり「元本割れ」することがあります。しかし、この保険の場合、第一保険期間と呼ばれる最長で20年を経過後に、解約返戻金を100%または110%最低保証する仕組みになっていて、その後、第二保険期間と呼ばれる終身保険に移行します。

 

スクリーンショット 2015-09-08 19.15.42

 

内訳はこうです。

この保険では支払った保険料を「定額部分」「変額部分」の2つに分けて運用し「定額部分」は契約時に確定した積立利率(第一積立利率期間5年、第二積立利率期間15年)で運用します。積立利率は毎月、1日と16日に変更され、現在の積立利率は下の表です。これにより、最低保証を「100%」または「110%」で保つようにしているわけです。100%または110%はアクサ生命が契約時の市場金利で決定します。

スクリーンショット 2015-09-08 18.56.38

 

一方「変額部分」の運用は、アクサ生命の言うところの、成長型資産、インフレ対応型資産、ディフェンス型資産を投資対象とし、レバレッジをかけて運用を行っているようです。

スクリーンショット 2015-09-08 19.17.32

 

また、この保険は契約時に以下のような3つのパターンで目標値を設定することができます(もちろん、目標値を設定しなくても大丈夫です)

契約後1年以上経過してから期間満了(20年)の2営業日前までの間に、一切の手数料を差し引いて、その目標値に達すると自動的にその通貨の終身保険に移行します。ただし、契約後にこの目標値の設定は変更は不可能です。

例えば一時払い保険料1,000万円の120%を目標設定しておけば手数料を引いても円換算で1,200万円になった時点で自動的に移行するわけです。

 

アップサイドプラス

 

次に手数料ですが、契約時になんと8.5%です。

1,000万円を預入れた瞬間に85万円の手数料が差引かれ、915万円が運用されます。これ、元本に戻すためでも十分に大変な金額です。

しかし、死亡保障は通常の変額終身保険と同様、一時払保険料が最低保証さています。

 

スクリーンショット 2015-09-08 20.31.24

 

為替手数料は入金時にTTM+50銭、円で受取時にTTMー50銭になっています。ジブラルタ生命の外貨建商品では入金時はTTM+50銭で同じですが、受取時は米ドルでTTMー1銭、豪ドルでTTMー3銭となっていますので、それに比べるとちょっと高めですね(メットライフはもっと高いですが)

スクリーンショット 2015-09-08 20.31.53

また、死亡保険金を年金で受け取る場合、受取期間中は手数料が掛かり、受取年金額の1.0%です。

 

と、ざっとこんな感じです。

細かなことを言えばそれぞれ、強みと弱みはありますが総合的に判断すると、同じような商品であれば第一フロンティア生命「外貨建個人年金ダブル・フロンティア」の方が良さそうです。大きなアドバンテージは3つ

最低保証が「100%」「105%」「115%」の3種類で選択できること

契約時に設定した目標値を契約後も変更できること

期間が10年であること

第一フロンティア生命「外貨建個人年金ダブル・フロンティア」についてはこちら

 

いずれにしても、仕組みを理解するのも難しい商品ですし、どれくらい売れているかはわかりませんが、日本人の大好きな”元本保証”という言葉を武器にそれなりの契約数になるのではないでしょうか。なんせ銀行でも販売するわけですからね。

元本割れしないものであれば、海外の保険会社には5年満期で約115%が確定保証されている、固定金利3%の商品もありますし、

*5年固定金利商品についてはこちら

 

40歳で1,000万円の資金を一括で支払うと65歳から年金受取総額が3,000万円以上になるような個人年金保険もあります。

そちらの方がよっぽど良いですね。 

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

日本生命ボロ儲け商品!?個人年金保険「Gran Age(グランエイジ)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は2016年4月に発売されている「個人年金保険「G

記事を読む

オリックス生命の死亡保障付医療保険「Relief W(リリーフ・ダブル)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はオリックス生命の死亡保障付医療保険「Relief

記事を読む

11月2日販売開始〜東京海上日動あんしん生命の医療保険「メディカルKit NEO」

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は11月2日から販売開始、東京海上日動あんしん生

記事を読む

終身保険を”タダ”にする「米国生命保険・設計書」公開

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は米国某保険会社の「保険料10年払終身保険・保険料

記事を読む

さて、どんなもんだろう〜ニッセイ「みらいのカタチ 年金保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はニッセイ「みらいのカタチ 年金保険」につてお話し

記事を読む

「引受緩和型医療保険」の最新情報(2015年2月)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は引受緩和型医療保険の情報を提供させて頂きます。&

記事を読む

明治安田生命の個人年金保険「年金かけはし」〜30歳女性ランキング2位

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。2016年11月現在で、30歳女性が最も返戻率(年金受

記事を読む

”学資保険は実質元本割れ!?”国立大学授業料「54万円」が16年後「93万円」に【現在の172%、1.7倍】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「国立大学授業料値上げ」についてお話をしたいと

記事を読む

某外資系保険会社は日本から撤退しょうとしているかも。。。「メットライフ生命」です

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日のテーマは「某外資系保険会社は日本から撤退しょうと

記事を読む

タンス預金78兆円、、、だそうです

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は19日のニュースで目に留まった「タンス預金78兆

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑