ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

相談事例:年金を払っていないので資産を増やさねければならないが、どのように資産運用していいかわかりません(49歳 男性 講師)

公開日: : 最終更新日:2015/08/26 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

 

【質問】

年金を払っていないので、なんとか資産を増やさねければならないが、どのように資産を運用していいかわかりません。

 

・ご年齢:49歳

・家族構成:自分と妻

・職業:講師

・年収(税引き前):300万

・預貯金額:3,500万

・現在加入中の保険:医療保険、投信型積立生命保険

・保険に加入した理由:資産運用

 

【回答】

まず、現在ご加入中の保険ですが、資産運用の目的として日本の生命保険会社の投信型積立生命保険にご加入のようですね。

毎月おいくらの保険を積立てていらっしゃいますか?

また、いつ加入され、どの程度の保障額で、特約などの加入状況もわかりませんので、それを前提 にお話をさせて頂きます。
保険証券や設計書などがあればより詳しくお答えできると思います。

ご加入時に説明を受け、ご存知かと思いますが、恐らくこの投信型積立生命保険は特別勘定で運用し、この特別勘定を構成する投資信託の運用実績等に応 じて積立金額、将来の年金年額等が増減する保険です。ですから有価証券(株式や債券)の価格の上下や為替相場の変動等により、積立金額、 解約返戻金額等が変動しますから、運用成績が悪ければ解約返戻金や満期金などは支払保険料を下回ることがあります。これは変額保険とほぼ同じような内容ですからこちらを参考にして下さい。

 

*「変額保険」につてはこちら

 

◯◯さんの加入されているこの保険が現在どのくらいの運用成績になっているのか、保険会社へお問合せされてみてはいかがかと思います。

現在の内容を見ないと断言はできませんが、海外では最低でも1~5%の金利が毎年つくことと、私が知る限り積立ての投資先が日本の積立商品よりも良いので、今ご加入の保険よりも毎年増やしていけるようなポートフォリオを設定することができると思います。

 

また、年金をお支払いになっていない分、老後資金の確保として資産運用をお考えのようですね。

どのように資産運用してくかについては、皆さんそれぞれのお考えや、目標とされる金額など様々ですので「これ」と断定は致しかねますが、◯◯さんは何歳までに、おいくら位を目標に設定されていますか?

例えば現在49歳の◯◯さんの11年後、60歳までに現在の預貯金3,500万円を年8%で複利運用した場合、8,160万円になります。60歳から85歳までの25年間を毎月約27万円を受取ることができます。仮に運用が10%ですと60歳の時に約1億円になっています。弊社がご案内するオフショア投資では実際にこれに近い運用成績を毎年あげています。

もう既に「払った分は貰えない」といわれている日本の年金事情を考えますと、◯◯さんのような方も最近は多いかと思います。現在お持ちの預貯金をいくつかのファンドに分散した良いポートフォリオが作れますので、そちらで老後資金を殖やしていかれることをオススメします。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 15年後に140%(元本+40%)が保証
  • 毎年5%の固定金利
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

にほんブログ村

関連記事

相談事例:海外年金などは、一度海外に行って契約となるんですか?1万くらいから可能なんですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:第一生命「順風人生」3年後に更新時期で、更新すると倍近くなるので今のうちに更新すればいいというお話でしたが。。。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:150万円の手元資金があります。子供の教育資金として利率の良い保険はありますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:老後資金目標金額は最低1,200万円以上。余裕をみると3,000万円以上必要かもしれません(39歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:生まれてくる子供のために学資保険を考えています。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:月々1万程で大学入学金としてお金を貯蓄できるようにしたいです(33歳 主婦)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:外貨建終身保険「しあわせ、ずっと」の商品説明のブログを拝見しこちらへ辿り着きました。外貨建保険について教えて頂きたいのですが(女性 26歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:預貯金を崩しながらの生活はいつか底を突くだろうと思い不安が消えません(夫48歳 妻41歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

記事を読む

相談事例:ソニー生命の変額積立保険の加入を勧められ迷っています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:医療保険の必要性はいかが思われますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑