K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

保険見直しの際は確認してみて下さい 「団体定期保険」とは?

公開日: : 最終更新日:2018/01/08 保険・特約種類, 法人保険, 保険用語集

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「団体定期保険についてお話したいと思います。

 

団体定期保険とは、グループ保険とも呼ばれ、所属している企業や団体が生命保険会社と契約して加入する保険期間1年の定期保険で、保険期間中に死亡した場合に死亡保険金が受け取れ、満期金はありません。会社であれば通常退職まで保障は継続できます。

団体定期保険は、加入形態によって「全員加入団体」「任意加入団体」の2つに区分され、全員加入の団体をAグループ、任意加入の団体をBグループと言います。

 

・全員加入【Aグループ】〜総合福祉団体保険

契約者が会社となり、年齢・性別・報酬金額・勤続年数・役職別など、企業が会社規定や弔慰金規定に則り、原則、従業員全員を加入させるので、保険料の支払は会社となります。

多数の従業員を一括して加入させることにより、割安な保険料で大きな保障を得ることができるため、多くの企業で導入されています。

Aグループについては、以前、従業員の知らない間に会社が保険をかけたといって、会社と遺族との間で訴訟が起きたため、平成8年11月より「総合福祉団体定期保険」と名称を変更し、従業員が同意のもと、会社の福利厚生規定の運営と従業員および、従業員の遺族の生活保障を目的とする保険となっていて、保険金は原則、保険会社から直接遺族に支払われます。

 

・任意加入【Bグループ】

契約の募集に際して従業員に加入の推奨を行い、希望する者のみ任意加入する団体保険で、通常、保険料は給与からの引去りとなります。
保険会社としては、一括管理や事務手続きができるため経費削減が図れること、職業的リスクを把握することができることなどにより、割安な保険料を提供することができます。

保険加入、または保険の見直しの際にグループ保険といった場合は一般的には、「任意加入(Bグループ)」のことを指します。

 

この他に団体保険は

・団体医療保険

・団体所得補償保険

・団体信用生命保険

・団体年金保険

などがあります。

 

団体定期保険は一般に加入する生命保険に比べると非常に割安な保険料で加入できます。

私が保険見直しのアドバイスをさせて頂いた上場企業にお勤めのクラアントの方は、非常に割安な保険料で加入できるな団体保険と医療保険を会社が用意していました。保険料からみると、とても保障が充実していましたので、在職中はそちらの制度を上手に利用し、見直しを総合的に提案しました。

生命保険の加入を検討する際にはこのような制度が利用できるかどうか、保障期間がどれくらいまでか、などを確認し、団体に属していて加入可能な期間は、この保険を上手に利用することで毎月の保険料を節約することができます。

心当たりのあるかたはいつでもご相談下さい。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

少子高齢化、インフレ、財政赤字、年金破綻、老後破綻。更に日本の年金保険は低金利で増えないので、海外で、外貨で自分年金を準備しましょう。

  • 積立額に応じてもらえるボーナス金利(最大5%)
  • 15年で140%、20年で160%保証
  • 最低年3.5%の金利保証

更に現状8.73%(2017年8月現在)で運用が続けば、将来充実した年金を準備することができます。

関連記事

法人向け商品「逓増定期保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「逓増定期保険」についてお話したいと思います。逓

記事を読む

「有配当保険」「無配当保険」「5年利差配当付保険」とは?

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和

記事を読む

「払込」に関する用語【保険料払込期間・一時払・有期払・終身払・全期払・短払・月払・半年払・年払・前納・全期前納・平準払込方式】

  皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「払込」に関する用語についてご説明し

記事を読む

”生命保険料控除があるから保険に加入”はNG〜「生命保険料控除」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、「生命保険料控除」についてお話をしたいと思いま

記事を読む

医療保険を法人加入にしたほうが良い理由

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「医療保険を法人加入にしたほうが良い理由」につい

記事を読む

「逓減定期保険」「団体信用生命保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「逓減定期保険」「団体信用生命保険」につ

記事を読む

年収1,000万円以上の保険セールス「MDRT」「COT」「TOT」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「MDRT・COT・TOT」についてお話したい

記事を読む

「生命保険募集人・募集人資格」「トータル・ライフ・コンサルタントTLC」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「生命保険募集人・募集人資格」「トータル

記事を読む

税理士さんに”決算対策の生命保険はキライ”と言われたら

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『税理士さんに”決算対策の生命保険はキライ”と言

記事を読む

ちょっと待って転換!!保険の見直しはいろいろあります「解約」「減額」「払済」「延長定期」「コンバージョン」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険の見直し方」についてお話したいと思います。

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑