K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

予定利率を引き下げる!?「逆ザヤ」とは?

公開日: : 保険用語・基礎, 保険用語集

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「逆ザヤについてお話したいと思います。

 

逆ザヤとは、保険会社があらかじめ運用益を見込んで決めていた予定利率よりも、実際の運用利回りが下回っている状態のことです。

生命保険会社は契約者の支払う保険料を運用収益を予め見込み、割引いて計算しています。これが予定利率です。

予定利率通りに運用できていれば問題はありませんし、予定利率を上回る運用ができれば、保険会社は更に利益を得ることができますが、運用に失敗してしまうと、予定利率を下回る部分は損失となり、それを保険会社は負担しなければなりません。これが「逆ザヤの状態」です。

逆ザヤが発生した場合は保険会社自身がその損失額を負担しますので、保険契約者が損失分を負担することはありませんが、損失が膨らんでいけば、いずれはその”ツケ”を誰かが負担しなければいけません。消えて無くなったりしませんからね(そう考えれば日本の借金も同じですよね)

 

1970年代後半から90年代前半にかけ、日本の生命保険会社は5〜6%という、今では信じられないような高い予定利率の保険(これがお宝保険などと呼ばれています)を販売していましたが、バブル崩壊後日本経済は悪化し、その結果”逆ザヤ”による経営破綻が憂慮されたため、2003年に保険業法が改正され、この法改正により、逆ザヤを軽減するための手段として、保険会社は事業の継続が困難になる前「予定利率の引き下げ」が可能となったのです。

これにより、保険契約者は「保険料の引上げ」または「保険金の減額」などの負担を引受けることとなりました。

簡単に例えて言うと、ある銀行に5%で預けていた預金が、銀行の運用の失敗によって5%が払えそうにないから、その場合は1%にしても良いことになったわけです。

おわかりですね?その”ツケ”を保険契約者にさせたわけです。

契約者にとっては迷惑な話ですが「保険会社の経営破たんは免れたし、契約者も保険を続けることができるようになっているから良いよね」ということにしちゃったわけです。「預金金利5%が1%になっちゃうけど、潰れて払えないより良いよね」ってことです。

過去に破綻した保険会社の大きな理由がこの”逆ザヤ”でした。

参考までに破綻後の予定利率がこれです。

1997年  4月 日産生命   2.75%

1999年  6月 東邦生命   1.5%

2000年  5月 第百生命   1.0%

2000年  8月 大正生命   1.0%

2000年10月 千代田生命 1.5%

2000年10月 協栄生命   1.75%

2001年  3月 東京生命   2.6%

 

特に古い契約で予定利率の高い保険契約”逆ザヤ”ですから、それを少しでも解消するには保険会社からすると、できるだけ多く無くなって欲しいわけです。それが「転換(下取り)」のセールが来る理由のひとつでもあります。

 

いずれにしても、このような保険会社の契約は避けたいもの。

保険会社は急に”逆ザヤ”状態なるわけではありませんから、ソルベンシーマージン比率や格付け会社の格付けなども、ある程度参考にして財務状況を知ることもできますが、専門家でない方であればよくわからないと思いますので、そのためには信頼できるアドバイザーから情報をもらうことが何よりですし、私も出来る限り皆さんにお伝えしていきたいと思います。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

少子高齢化、インフレ、財政赤字、年金破綻、老後破綻。更に日本の年金保険は低金利で増えないので、海外で、外貨で自分年金を準備しましょう。

  • 積立額に応じてもらえるボーナス金利(最大5%)
  • 15年で140%、20年で160%保証
  • 最低年3.5%の金利保証

更に現状8.73%(2017年8月現在)で運用が続けば、将来充実した年金を準備することができます。

関連記事

「変額個人年金保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「変額個人年金保険」についてお話したいと思い

記事を読む

保険の基礎

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は少し保険の内容に入っていきたいと思い

記事を読む

保険会社の介護保険に加入する前に@公的介護保険と高額介護サービス費

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は医療保険の必要性にも関係してくる「公的介護保険と

記事を読む

「確定拠出年金(401K)」とはどんな制度?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は「確定拠出年金(401K)」のお話です。&nbs

記事を読む

保険会社の健全性の目安のひとつ「ソルベンシーマージン比率」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「ソルベンシーマージン比率」についてお話

記事を読む

医療保険って必要?「高額療養費制度」とは

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は医療保険の必要性にも関係してくる高額療養費につい

記事を読む

「生命保険募集人・募集人資格」「トータル・ライフ・コンサルタントTLC」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「生命保険募集人・募集人資格」「トータル

記事を読む

自分たちで保険会社を作る「キャプティブ」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「キャプティブ」についてお話したいと思います。

記事を読む

「有配当保険」「無配当保険」「5年利差配当付保険」とは?

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和

記事を読む

学資保険の「育英年金・養育年金」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「育英年金・養育年金」についてお話したい

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑