K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:保険の見直しについて教えて下さい。日本生命の定期特約付終身保険に加入しています(35歳 主婦)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

 

【質問】

保険の見直しについて教えてください。

35歳主婦です。

現在日本生命の定期特約つき終身保険、重点保障プランに加入しています。
仕事をやめたため、月額8620円の保険料が多すぎると感じており、主契約を残し、医療保険を別途掛け捨ての安いものに入り直そうかと考えています。

しかし、日本生命からは、主契約だけ残す見直しはできないと言われています。
次の更新は42歳で、保険料は15000円以上に跳ね上がります。それまで特約部分の解約を待つのが最良なのでしょうか。
他によい方法があれば教えていただけないでしょうか。
宜しくお願い致します。

内訳(月額保険料)
主契約 終身 200万円(3020円)
特約 三大疾病 400万円(1228円)
特約 身体障害 400万円(900円)
特約 要介護 60万円(117円)
特約 新障害 300万円(123円)
特約 特定損傷 5万円(160円)
特約 入院 日額5000円(2277円)
特約 新ガン 日額5000円(795円)

【回答】
定期特約付終身保険に関しては販売されていた方も多くいらっしゃっるので、いろいろご意見もあるかと思いますが、私個人の見解ではあまりオススメできる商品ではありません。
複数の保険会社を取扱うことのできる乗合代理店であれば、もっとお金のムダににならないような提案がご希望に合わせてプランニングできます。簡単に解説していますので参考にして下さい。

*定期特約付終身保険についてはこちら

見直しの方法としては、ご相談者さんが言われるように主契約の終身保険の部分だけを残すという方法もありますが、次回の更新時期から察すると、加入されたのは3年前か8年前ではないでしょうか?
”お宝保険”などと言われるような昭和50〜60年代の保険では利率(正しくは予定利率と言います)が5%〜6%の時代があり、そのような時期に加入された保険であれば終身保険部分を残すというのは良い方法ですが、3年〜8年前に加入された保険の予定利率は既に1.5%前後と低いので、終身保険部分を残すよりも、払済終身保険にされてはいかがかと思います。ただし、解約返戻金が一定以上貯まってないと払済終身保険に出来ないかもしれませんから、その場合は解約し、改めて必要とされる保険に加入されると良いでしょう。くれぐれも「下取り(転換といいます)」はしないようにして下さい。

*払済終身保険についてはこちら

そもそも医療保険の加入の必要性があるかないかはここでは省略しましが、もし医療保険に加入するのであれば、保障内容によりますが、35歳女性であれば60歳払いの終身医療保険(AIG富士生命)が月払いで1,585円からありますし、メットライフや東京海上あんしん生命の医療保険では保険を使わなかった分の保険料が全額戻ってくるようなタイプもありますので参考にして下さい。

*保険料還付型の医療保険「リターンズ」「メディカルキットR」についてはこちら

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:第一生命「5年ごと配当付終身保険・順風人生」見直しについて(36歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:プルデンシャル担当者から「診査を受けた場合クーリングオフできない、払ったお金も戻らない」と言われました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:「ユニット・リンク」に入ってます。年金の積立て感覚だったので正直騙された感じがあるのですが

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:主人が6歳の娘のために三井生命「ドリームフライト」という外貨建個人年金に加入

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。恐らく三井住友銀

記事を読む

相談事例:日本の預金利率は低いので、高い利率の保険などがあれば紹介して下さい。子供の学資や老後の生活費など中長期に預ける予定です(主婦 35歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:3月に息子が誕生し、学資保険を検討、保険の見直しを行っています(29歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:貯蓄優先にて学資保険は良いのがないとの理由で「ユニット・リンク」をススメらています(45歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際に相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

記事を読む

相談事例:三井生命の個人年金「ドリームフライト(豪ドル建)」加入を検討中。デメリットを把握したいです。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:「リタイアメント・インカム」「ユニット・リンク」を契約しました。増えるのか、損をしないのか、不安になって・・・(女性 36歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:アフラックの直営の窓口で加入するのと、来店型保険相談のお店で加入するのでは、同じプランでも保険料は違いますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑