K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

「一般勘定」「特別勘定」とは?

公開日: : 最終更新日:2016/02/12 保険用語・基礎, 保険用語集

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「一般勘定」「特別勘定についてお話したいと思います。

 

保険会社は、契約者から預かった保険料を保険商品のタイプにより「一般勘定」「特別勘定」と呼ばれる別々の財布に分けて管理し、それぞれ資産運用を行っています。

 

変額保険変額年金保険などは他の保険の資産とは区別して、契約者個々の運用方針に沿って管理・運用されます。国内外の株式や債券などの投資信託で運用され、複数の中から選べる設計になっているのが一般的です。経済や金融情勢により、運用がうまくいけば高い収益が期待できますが、その反面、投資リスクや為替リスクはすべて契約者が負うことになります。このように契約者に対して運用成果を直接還元できるようにするため、会社の有する他の財産や保険とは区分して運用される勘定が「特別勘定」です。

運用開始後でも、マーケットの動向に応じて投資先を乗り換える「スイッチング」も可能で、運用対象やスタイル(安定重視か利回り重視か)などを自分の投資方針にしたがって柔軟に変更することができます。ただ、繰り返しになりますが、特別勘定の運用に伴うすべてのリスクは契約者本人が負うことになります。

 

一方、予定利率を契約時に保証し約束している定額型の保険は、その利率を守らなければいけないため、これらに加入した人の保険料はすべて一括・合同で運用されています。これが「一般勘定」で、もし保険会社が運用に失敗しても、その負債は保険会社が負うことになっているため、契約者に影響はありません。したがって、保険会社は経営にダメージを与えないよう、多くを国債で運用しています。

 

ただし例外があります。

これまで日本の生命保険会社では、8社が経営破綻し、その結果、約束されていたはずの予定利率は引下げられることになりました。

スクリーンショット 2015-06-24 11.28.04

そう考えると、この約束が、いかにいい加減な約束であるかがわかります。

これなら、自分の責任で運用先を選べた方が、万が一あまり運用が良くなかったとしても、よっぽど納得いくのではないでしょうか…

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 15年後に140%(元本+40%)が保証
  • 毎年5%の固定金利
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

にほんブログ村

関連記事

「保険証券」「約款」とは?保険証券は親族の間でシェアして下さい

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険証券」と「約款」についてご説明したいと思い

記事を読む

「収入保障保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。前回「収入保障特約付き終身保険」のお話をしましたので今

記事を読む

「簡保(かんぽ)」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「簡保(かんぽ)」について簡単にご説

記事を読む

本当に医療保険が必要?@「高額療養費制度」とは

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は医療保険の必要性にも関係してくる「高額療養費」に

記事を読む

法人向け商品「逓増定期保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「逓増定期保険」についてお話したいと思います。逓

記事を読む

「低解約返戻金型保険」とは?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「低解約返戻金型保険」について簡単にご説明した

記事を読む

「がん保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「がん保険」についてお話したいと思います

記事を読む

保険見直し方法のひとつ「増額」「減額」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「増額」「減額」についてお話したいと思い

記事を読む

「国内生保」「カタカナ生保」「損保系生保」とは?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「国内生保」「カタカナ生保」「損保系生保」につ

記事を読む

「乗合代理店」「専属代理店」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「乗合代理店」「専属代理店」についてお話

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑