K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:老後の為の蓄えについて教えて下さい(40代半 夫婦 子供なし)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

 

【質問】

老後の為の蓄えについて。

40代半ばの子無し夫婦です。住宅購入等での出費もあり、現在、一千万円ちょっとの貯蓄です。
個人年金をしており、引退時の住宅ローン残債は個人年金で完済予定。
順調に退職できたとし、退職金一千万円ほどを現在の貯蓄と合わせ、2千万円。
夫は堅実で、老後の生活の為に引退時は、平均貯蓄の2千万にプラス1千万円(計3千万円)ぐらいでありたいと考えているようです。
年金もあてには出来ませんし、確かに無いよりはあったほうが安心ではあると思います。
思いがけず、長生きしてしまったりもあり得るし、引退後、夫婦の趣味でもある海外旅行をちょこちょこと行けることを楽しみにもしています。

が、世間一般でも、引退時、やはり2千万円程の貯蓄をしているのでしょうか?
家族構成・家庭環境等でも変わってくるでしょうし、高額の貯蓄があるお宅もあるとは思いますが、実際、皆さんの家庭では、老後の貯蓄等を、どの程度、考えておりますか?
特に、お子さんのいらっしゃらない夫婦二人家庭の将来設計(貯蓄・その他)をお聞かせください。
私の性格上、なんとかなるさ〜と、頭の片隅にあるのが本音で、今の状態を維持していけば良いのでは?なんて悠長に考えてしまいます。

体が不自由になったりで、施設にお世話になることも考えなければいけないと思いつつ、金銭的な部分は漠然としています。

 

【回答】

ご夫婦二人の将来設計、みんなどうしているか?老後資金にいくら必要か?気になりますね。

よく「一世帯あたり」とか「一人あたり」の平均預貯金額などがニュースなどでも報じられ、また最近その平均金額が多くなっているようですが、これは”ある一部のお金持ち”で平均値を押し上げている結果で中央値ではありませんね。中央値はもう少し低くなっています。

 

さて、どれくらいの老後資金が必要かについてはお二人の老齢基礎年金・老齢厚生年金がどれくらいあるのか?また、老後どれくらいのレベルの生活を望まれるかで違ってきますから断定はできませんが、”老後1億円”と言われる一般的な老後について解説しているので良かったら参考にして下さい。


*老後についてはこちら

合わせて、資産の全部は円でしょうか?そうであれば、一部を外貨でお持ちになることをオススメします。
2月16日のNHKのニュースで昭和21年に日本が行った「預金封鎖」に関する報道がありましたが、「預金封鎖」や「デノミ」をそう簡単に行うとは思いませんが、もし財政破綻すれば、預けている預金含め日本円の価値は紙くず同然か、無くなってしまうわけです。
遠い昔の話ではなくわずか70年ほど前の出来事です。かつて日本はこのような政策を行ったことがあるという歴史があります。
預金封鎖やデノミを行うか行うかは誰にもわかりませんが「預金封鎖しない」こと「安心である」こと、これはまた別の問題です。「預金封鎖するかしないかはわからないけれど、安心できない面が日本には多分にある」ということは、現在1000兆円を超える負債を抱えている日本の財政事情を考えればおわかりかと思います。しかし、政府は自から不利になる知識や情報をわざわざ説明したりしません。

*預金封鎖とデノミネーションについはこちら

また、日本経済は長らく続いた「デフレ・円高」を脱却し「インフレ・円安」に向かっています。この状況で預貯金などにお金を預けていてれば実質価値は減ってしましますので、インフレにも対応した分散投資をし、資産運用をされることをオススメします。

*インフレと分散投資についはこちら

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:保険と貯蓄を考えているといったところ、米ドル建ての貯蓄型生命保険「ドルスマート(メットライフ)」と「ユニットリンク(アクサ)」を薦められています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:そもそも自分は生命保険・医療保険に入る必要があるのかどうか?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼を受けたお客様の事例を紹介したいと思い

記事を読む

相談事例:老後の不足資金のためにプルデンシャル「リタイアメント・インカム」をススメられています(40歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:結婚し、どの保険に入るか悩んでます。確定拠出年金は相談にのってもらえませんでした(28歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:こんな提案を受けました【35歳 独身女性・実家暮らし・結婚の予定なし】

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和

記事を読む

相談事例:子供(男子12歳)の将来のことを考え、子供を被保険者にして、ソニー生命の変額保険を契約しようか検討しています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:本年子供が産まれまして、保険など資産全体の運用の見直しをしています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:チューリッヒの「がん保険」ムダがあるような気がしますのでご指摘お願いします(72歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:主人(38歳)の収入保障の保険を検討中です。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:65歳の定年後に月100万円の収入があるようにしたい(42歳 医療関係従事者)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑