ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

「HSBC口座開設」…厳しくなってますよ

公開日: : 最終更新日:2016/10/10 体験記

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

LCCのプロモーションは昨日お話させて頂いた通りです(笑)が、今日も昨日に引き続き香港でのお話。

渡航目的のひとつである「HSBCの口座を再オープン」です。

 

2012年の8月に香港に行った際に口座開設以来、口座には数万円しか入金されておらず、放っとらかし状態でしたかたらクローズされているのだろうと思っていたので、とりあえず新規口座開設の体でHSBC本店に行きました。(デカっ‼︎)

DSC_0013

 

日本と同じように受付で番号札をもらい待つこと10数分、奥のブースに呼ばれると担当は20代の女性でした。

ブースの入り口で“Can you speak English?”

“A little” …と、口癖の答えを思わずしてしまうという、早々の失態

席にすわると、来る前に目を通していた「想定問答集」の通り、まず初めに

 

担当者:What’s your purpose of  open account?

―Buy stocks

担当者:What kind of stocks do you want to buy?

(えっ既に想定外!?…でも慌てず)

―I can buy anything

次は良く聞き取れなかったのですが、恐らく

「口座開設後に電話をするけど構わないか?」

ってことだったと思います。

―whenever

と、答えるとそこから先は質問責めです。もはやチンプンカンプン

 

結局

担当者:You can not speak English

ってことで開設ならず。

 

気を取り直して、本店から歩いて数分の支店で再チャレンジ

先ほどは目的を“Buy stocks”ってことだったので、今度は“I would like to get salary every month” に変更。

すると、いつから働いているのだとか、毎月のサラリーはいくらだとか…

とりあえずそんなに難しい英語ではなかったので答えていくと

「雇用されている証明=契約書を提出しろ」とのこと。

―そんなものは無い!

担当者:I’m sorry. We can not open your account.

この日は土曜だったのでこれで”Time up”

 

週明けて月曜日

とりあえず、ホテル近くの支店にTry

またまた目的を“Buy stocks”ってことで進めてみました。

そのことについては本店のような質問はされなかったのですが、私の国際免許を見て

担当者:Expire date is not written

って言われ、見てみると確かに発行年月日は大きく書いているのですが有効期限が見当たらない…

担当者:Why?

―I don’t know why?こっちが聞きたいわ

しかし、よ~~く見てみると表紙の裏面にかいてあるじゃないですか!!

001

ここの支店で口座を開設する日本人も少ないんだと思います。この担当者は日本の国際免許を初めて見たんでしょうね。

さぁこれでOkかと思いきや、

担当者:How much do you deposit?

―After back to Japan, I will sent 30,000USD online banking

担当者:Do you have proof of deposit?

PCをバッグから取り出し

―I can show you my bank account

担当者:Send me email in English

―in English!?…Nooooo

担当者:I’m sorry. We can not open your account.

 

次は開設が一番緩いのではないかと目される尖沙咀 (Tsim Sha Tsui)支店

DSC_0039

日本人の口座開設とおぼしき団体さんがラウンジで談笑しております。近くのブースでは“No English”の女性が通訳を介して手続きしています。

“ここは大丈夫そうだ”

待つこと15分、個別ブースに呼ばれ、毎度の質問に

“Buy stocks”

担当者、私のパスポートや国際免許などに一通り目を通し、PCの画面を見ながら何やらカチカチ入力。すると、

担当者:Your account was closed 3month before. I don’t understand why you want to open again.

― …(シーン)

 

4つの支店ですべて違う理由でrejectされてしまいました。

 

すると、3件目の支店で断られた時点で香港の知人に状況を説明しておいたところ、こんなメール届きました。

HSBC account opening got very strict started 2 weeks ago. The person must speak english and also with international drivers license.

It gets worse before Chinese new year. after chinese new year would be better. If relationship manager open account for none-english speaking people, they would get fired.

 

タイミング最悪。

私の口座を開いたら“クビ”ですね

 

と、いうことでHSBCの口座開設が年々厳しくなっているとは聞いていましたが、自分で経験することとなってしまいました。

逆に言えば海外に口座を持ったり資産を持ったりすることを日本の政府や金融機関が圧力を掛け、海外流出を食い止めようと必死なんでしょうね。雑誌や新聞などでは知っていましたが今回、自らの肌を持って経験しました。

日本の金融Xデーはそう遠くないかもしれません。皆さんもお早目にご準備を!弊社がご案内します。

 

*そうそう、結局Hang Seng Bankで開設することができましたよ(笑)

 

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

私が20代のサラリーマン時代に入っていた保険

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「私の加入していた保険」について少しお話しようか

記事を読む

行ってきました「研修1日目」in ホノルル

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。私は今、米国生命保険の研修でホノルルに来ています。今日

記事を読む

スイス・プライベートバンクへ「実録・海外送金」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「実録・海外送金」ということで、スイス・プライベ

記事を読む

知らないのはあなただけ!?海外にお金を移動している人は急増している

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は先日参加してきたオープンセミナーでのお話をしたい

記事を読む

3月末迄ラストスパート「駆込み保険セールス」いよいよ大詰め@加入スルベカラズ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「駆込みセールス保険」についてお話したいと思いま

記事を読む

はじめまして「保険アドバイザーBX」です

本日より新たに保険アドバイザーとしてブログを書かせて頂くことになりました「保険アドバイザー和田」です

記事を読む

FPの方からも最近いろいろなご意見・メッセージを頂きます

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。最近多くの方にこのブログやYou Tubeを見て頂き

記事を読む

あなたの保険担当者は”説明員”ですか?”アドバイザー”ですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「あなたの保険担当者は”説明員”ですか?”アドバ

記事を読む

保険屋さんのカレンダー配り

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険屋さんのカレンダー配り」についてお話しよう

記事を読む

週刊ダイヤモンド「保険 見直すなら最後のチャンス」を読んでみた

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は週刊ダイヤモンド「保険 見直すなら最後のチャンス

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑